カテゴリ:小澤( 4 )

心おきなく

こはだどうですか、この『こはだ』!
照りが違います。小澤流じゃなくて柴田流だとおっしゃってました。
さっとつけた『煮きり』が効いてなんともいえず旨い。これ以上何もいうことはございません。



トロ軽く炙ったトロは、まるで超レア・ステーキ。口の中で解けちゃいます。






店内酔ってしまえば、こっちのもの!
今年はマメに通わせてもらいます。

でもなんでこんな状況(父親ふたりが入院中)なのに、遊び呆けてるかというと・・・理由があるんです。それは・・・後日。
by j001437 | 2006-03-07 23:52 | 小澤 | Trackback

旨いもん

あわび白魚






〆たばかりの鮑と白魚の踊り食い!
どちらも美味です。でも『白魚』は博多を思い出させる儚い味でした。
by j001437 | 2006-03-07 21:54 | 小澤 | Trackback

小澤

刺身『おざわ』に来たら、覚悟を決めてもっぱら『お任せ』。その季節の旬、その日の旨いものをどんどん出してもらいます。いい鮨屋って刺し身以外も何でも旨いじゃない!だから、とにかく薦められた料理をお腹がパンパンになるまで食べて、飲んで、『至福の時』を過ごします。
博多以外で、こんな思いができる鮨屋はここだけなんです。


うに活きがいいのは間違いなし。包丁で開いたばかりの『うに』のウマさといったら・・・この『蝦夷馬糞うに』はまだ動いてましたから・・・
by j001437 | 2006-03-07 20:56 | 小澤 | Trackback

謹慎を終え

おざわやってきました『代官山 鮨處 おざわ』。もちろんバトラー村上も一緒です。
『おざわ』は僕が東京で行く最高の鮨屋で、銀座が本店(3店舗もある)だけど僕は代官山店にしか来たことがありません。何故かといえば、それは銀座の某鮨屋時代から知り合いの板さん『柴田さん』がお目当てだからです。柴田さんがいらした銀座のお店には毎週のようにお邪魔してたけど、やっぱり会社帰りに代官山はけっこう面倒・・・それに『おざわ』はちょっと敷居が高くて・・・でも『晴れの日はおざわ』って感じで通ってはいたんだけど、ここしばらくは御無沙汰でした。

柴田さん久しぶりに訪れてみると、柴田さんは晴れて代官山店の店長になられてました。

ひまわりさん、懐かしいでしょ!
by j001437 | 2006-03-07 19:57 | 小澤 | Trackback